TCNのストロングマヌカハニー

お客様からよくいただく質問をまとめております。
お悩み解決の参考になりましたら幸いです。

ストロングマヌカハニー

Q1:マヌカハニーと普通の蜂蜜との差はなんですか?

A1:ニュージーランドにおける主流は、クローバー蜂蜜となりますが、他にも15種類以上の蜂蜜が流通しております。マヌカハニーもその内の一つで中でも特に活性度の高い蜂蜜の事をアクティブマヌカハニー(活性マヌカ生蜂蜜)ともいいます。アクティブマヌカハニーには、一般の蜂蜜で知られている高濃度糖分と過酸化水素による抗菌作用に加えて更に、別の物質による強い抗菌作用があります。現段階では、その成分の正体についての解明はされておりませんが、様々なものにおける抗菌作用は認められ、世界的にも大変な話題になっております。欧州で最近になり、アクティブマヌカハニー特有の抗菌物質とみなされるメチルグリオキサール(MGO®)が発見されました。これにより、マヌカハニーの抗菌活性作用が学術的にも明確になってきました。

Q2:マヌカハニーの活性強度とは?

A2:マヌカハニーの抗菌活性強度については、メチルグリオキサール(MGO®)の含有量分析にて知ることが出来ます。含有量の分析試験は、特に抗菌活性力が強いマヌカハニーに対して実施されます。マヌカハニーには、その製品ごとに数値が表示されています。
例として【活性強度27+】と表記してあれば、それはフェノール液27%以上の稀釈液に相当するという事で【27+】と表記されます。この数値が高いほど抗菌作用があるという事になります。TCNのストロングマヌカハニーでは、表記上は【活性強度39+】が最高となりますが、実測値では、40+以上あります。(MGO®含有量1186mg/kg=活性強度40.95)抗菌作用で言えば、通常の「病室用消毒液フェノール液2%稀釈消毒液」と比較すると20倍以上にも当たります。実際のところ、40%希釈フェノール液を飲んでしまったら大変な事になりますが、ストロングマヌカハニーは、フェノール液とは、作用メカニズムが全く異なり、古くより老若男女を問わずに伝えられてきた安全な食品なのです。【39+】のクラスともなりますと生産量も非常に少なく、数年に一度程度のご提供となります。とても貴重で少量でも抗菌活性により期待が持てます。弊社のマヌカハニーの場合、ポットへの注入時に無作為に微量の検体の抽出(ランダムサンプリング)を行っており、弊社の規格基準に合格したものだけを日本に輸出しております。ニュージーランドを代表する分析機関。国際分析所機構認定のヒル分析試験研究所によるメチルグリオキサール含有量分析書が添えられています。分析書は、ご注文品に日本語翻訳文と共に製品に同梱して発送致しますので、【活性強度】のご確認もお客様ご自身で簡単にして頂けます。この様に弊社では、マヌカハニーの【活性強度】を数値で明確に提示し、確信を持った上でご提供させて頂いております。お客様との信頼関係を何よりも大切にしております。

Q3:マヌカハニーは、料理などにも使えますか?

A3:もちろん、アイデア次第でお料理をはじめ、お菓子作りなどにもご活用いただけます。ストロングマヌカハニーは、甘味料としても非常に優れております。一般的なハチミツと比べて、とても深いコクがあり、何といっても有用成分の抗菌活性は、安定度が高く高温下においても変化しません。美味しいだけでなく、日ごろの健康維持としても大活躍する優れた食品なのです。

Q4:賞味期限や保存方法などについて教えて下さい。

A4:弊社製品のアクティブマヌカハニー(活性マヌカ生蜂蜜)は、100%の純粋生ハチミツです。純粋ハチミツは、成分中に天然の過酸化水素と高い糖分濃度を持つことから、細菌を寄せ付けない強い抗菌作用があるのが特徴となります。更に、アクティブマヌカハニーの場合は、抗菌活性成分もプラスされます。活性度が高い弊社製品の中でもトップのストロングマヌカハニー【活性強度39+】(殺菌剤のフェノール溶液39%以上に相当)ともなると強力な抗菌活性作用を備えています。
弊社のハチミツ製品は、一般的な市販品でよく見かけるような添加物使用、加熱加工されたハチミツとは、全く異なるものです。弊社製品にも記載はしてありますが、それは「最も美味しくお召し上がりになられる期間の目安」と思って頂ければ幸いです。実際のところ天然の純粋ハチミツには、賞味期限は存在しません。開封、未開封に関わらず常温保存で半永久的に成分や風味に変化は、なく抗菌活性作用の劣化もありません。(最低でも年単位で品質に変化無く保存が可能)つまり、賞味期限が必要となるのは、天然ハチミツ以外の製品となります。
これらのことは、有名なピラミッドから発掘されたハチミツに変化がみられなかったという話しからもうかがえます。
天然ハチミツは、ハチミツ中に含まれる花粉などの不純物が結晶母核となり、結晶化が進みますが品質との関連性は全くありません。冬場の低温下や冷蔵庫などでは、硬く結晶することがありますが暖かいところに置けば自然に軟化します。加熱によって軟化させる場合には、ご注意下さい。天然ハチミツ(活性マヌカ生蜂蜜)は、50℃以上の高温になると蜜中に含まれる豊富な成分、特に酵素類が破壊されてしまいます。電子レンジや湯煎などをなさる場合には、温度には要注意です。ただし、上記しましたようにアクティブマヌカハニー(活性マヌカ生蜂蜜)の抗菌活性成分の【活性強度】は高温下でも変化はしません。

ストロングマヌカオイル

Q1:ストロングマヌカオイルの使用方法を教えて下さい。

A1:本品は、100%の天然由来の精油ですので稀釈割合は、状況によりご判断ください。
通常時の基本的な使用例として・・・
※オリーブ油、ベビーオイルなどの植物油を用いて希釈。割合として15~20%のマヌカオイル溶液を作りご使用下さい。原液(100%)でのご使用は、お体が本品に慣れるまで少量ずつ様子を見ながらお使いになることをお勧めいたします。【使用例】
●スッキリ感が欲しいような時にオススメな方法。植物性の油(オリーブ油、椿油、ホホバオイルなど)に10~20%加えたものか、白色ワセリン(薬局で入手可)に15%ほどストロングマヌカオイルを加えよく混ぜ合わせたうえで気になる場所へどうぞ!
●入浴のアイテムとして、湯船に4~6滴を直接入れます。マヌカ特有の芳香が浴室中に広がる感じをご体験下さいませ。何とも言えぬ樹木本来の生きた香りの心地良さはやみつきに・・・
●ハミガキに1滴ほど垂らしてからブラッシングをすることでスッキリとするばかりでなく健康維持のサポートにも
●マスクなどに数的滴下しますと非常に清潔感を得ることができます。
●虫などの生き物は、基本的にマヌカの香りを嫌がります。夏季のルームフレグランスとしてもとてもオススメです。天然由来成分100%の精油ですので、ペットのいらっしゃるご家庭や小さなお子様のおられるご家庭でもご使用いただけます。
●マヌカオイルは、生産地のニュージーランドでお掃除などにも利用されています。掃除機内に装着するダストバックに原液を数滴つけたり、拭き掃除の布巾のすすぎ用の水に原液を数滴落として使用します。ストロングマヌカオイルは、お部屋の滅菌にもなり、マヌカの香りにも癒されます。

ローヤルエイト

Q1:ローヤルゼリーとミツバチの関係を教えて下さい。

A1:ローヤルゼリーとは、一言でいえば女王蜂専用の食べ物のことです。若い働き蜂の胸腺より分泌されるもので女王蜂は、このローヤルゼリーを食べることにより、最初は同じ働き蜂から生まれたにもかかわらずに卵巣が著しく発達します。そのお陰で長期にわたり、多くの産卵をする事ができるのです。女王蜂は、驚くべきことに約三年もの間、自身の体重に匹敵する一日2,000個ほどの産卵をし続けるのです。このローヤルゼリーの驚異の生命パワーについて気になるところですが解明は、未だにされていません。

Q2:ローヤルゼリーにはどんなものがあるんですか?

A2:ローヤルゼリーが一部に含まれた製品は現在、とても多くあります。しかし、ローヤルゼリーそのものが単体としての製品は、生ローヤルゼリーと粉末に加工されたものとに分かれます。なかでも加工されたものについては、粉末カプセル入り、錠剤、アンプルなどといった色々な形状が存在します。弊社の生ローヤルゼリーについては、生産現場で速やかに冷凍保存されたもので、加工は全く施されていません。
弊社では、ローヤルゼリーがなぜ?健康に有用なのか?またその成分が何なのかが解明されていない以上、できる限り人の手が加わらない自然な状態の方が良いのではと考えております。
その為、生産現場の状態に限りなく近く、鮮度を最重視した保存方法をもって輸送し、ご提供させていただいております。

Q3:ローヤルゼリーの食べ方などを教えて下さい。

A3:ローヤルゼリーは、薬ではなく食品ですので、食べ方に決まりは一切ございません。
目安としては、備え付けのスプーンで一日に3~4回程度で体調に合わせて増減されたらよいと思います。 就寝前や、起床直後などのお召し上がりはタイミングとしてはお薦めです。また、胃腸が気になる方は、食後の方が良いかと思います。
また、お薬はもちろん、あらゆる健康食品と一緒にお召し上がり頂いても特にご心配はありません。副作用につきましても食品ですから、副作用という表現は適切ではありませんが、稀に各種アレルギーをともなう報告があります。アレルギー体質の方は、ご注意頂ければと思います。

Q4:品質保持と保存方法を教えて下さい?

A4:ローヤルエイトは、全く加工処理をしていない生物ですので必ず冷蔵庫にて保管ください。6℃で1年間品質に変化なく冷凍では半永久的となります。また、お勧めの方法として、ストロングマヌカハニー(活性マヌカ生蜂蜜)に対しローヤルエイトは、30%まで混入できます。これをよくかき混ぜる事により、常温での保管も可能となります。ストロングマヌカハニーとローヤルエイトは相性も良く、ローヤルゼリーが苦手な方もお召し上がりやすくなるという利点もございます。

プロポリス

Q1:プロポリスとは、一体どういうものなんですか?

A1:プロポリスは、とても奥が深い物質です。ここでは、簡単に分かりやすく説明させて頂きます。ミツバチ由来のものには、「蜂蜜」、「ローヤルゼリー」、「プロポリス」、「ミツバチ花粉」の他にも 「ビーワックス」、「蜂毒」などがあります。
地球上にミツバチが出現したのは、4000万年以上も前だといわれ、琥珀の化石の中から発見されたミツバチのDNAを調べた結果、現在のミツバチとほとんど同じ形態だった事がわかったのです。地球上に生息する動植物たちは、生存するために自身のたんぱく質を変化させることにより、環境の変化に適応し進化し続けてまいりました。しかし、ミツバチにいたっては、何千万年もの長い間、他の生物のような進化をせずに現代まで生存してきたということが、DNAの分析により解明されているのです。ミツバチは、なぜ?環境に順応せずに生き長らえてこれたのでしょうか?とても特殊なケースだといえるでしょう!現段階では、はっきりと解明されているわけではありませんが、それは、「プロポリス」ミツバチが集める樹脂に秘密があると考えられています。プロポリスの成分には、複雑な物質が混入されており、ほんの一部のみしか解明がされておりません。そのような未知の物質であるプロポリスは、ミツバチが集めてきた樹脂とミツバチの唾液により形成されています。通常、樹木の表皮に分泌される樹液には、樹自身の身を守るための成分が含まれています。樹が外的ストレスにさらされた時など、例えば・・・ 何らかの力が加わって枝が折れたり、傷ついてしまったような場合、その損傷した箇所より樹液を分泌することにより、修復していきます。これは、外敵などに対して少しでも早く損傷部分を治すことにより、生存し続けるための働きで、この樹液には様々な成分が含まれています。ミツバチたちは、生まれつきの本能でこうした物質が外敵やその他トラブルに対しての防御となる事がわかっているのです。そして、これらの樹液を基にして自身の唾液に多く含まれている酵素を混ぜ合わせることにより、プロポリスを作りあげるのです。このような経緯で作られたプロポリスは、とても強い滅菌作用を有します。また、多くの生物が生存していく上での重要な物質も多く含まれています。 ミツバチは、女王蜂を中心にした集団生活を営んでいます。巣箱1箱(1群)あたり最盛期には、5万匹以上ものミツバチが共同生活をしており、まさに過密世帯なのです。
このような環境下で・・・ 巣箱内が外敵によって侵略されたりした場合、ミツバチたちは、自身の毒針を使い侵入者を迎え撃ちし殺してしまいます。しかし、問題はその後でその死体がミツバチより大きい場合は、巣箱の外に運び出す事が出来ません。当然、そのままでは時間経過とともに腐敗が進み過密状態の巣箱内は、不衛生となり病気が蔓延してしまうでしょう。しかし、実際にそうならないのは、何故だと思いますか?
実は、驚くべきことに!ミツバチたちは、侵入者の死体をプロポリスで覆い固めてしまうのです。そうすることで、滅菌作用の強いプロポリスは、死体の腐敗を食い止めてミイラ化させてしまうのです!このような事態にも使われるプロポリスですが、本来のプロポリスの役割は巣箱内の消毒と考えられています。ミツバチは、巣箱の内部をプロポリスでコーティングすることにより、清潔な住環境を保ち、巣箱の隙間などにもプロポリスを詰めることで外敵の侵入を防いでいます。ミツバチ一匹がやっと通れるほどの、狭いトンネル形状の出入り口をプロポリスで作ることで、そこを通過する際に、自然に自身の体がプロポリスに触れるようになっているのです。そうすることにより、プロポリスによって外出した際に体に付着した有害菌が、巣箱内に入ってしまう事を防いでいるのです。
ミツバチは、このように4000万年以上もの長い間、プロポリスによって守られてきました。その為に、外部の環境変化に合わせて進化する必要もなく現代まで生きて来られたのでしょう。
もしも・・・ プロポリスの存在がなければ・・・ ミツバチも進化していたかもしれません。もしくは生存さえも定かではなかった可能性があります。

Q2:プロポリス製品には、どんな物があるんですか?

A2:養蜂が営まれているところには、プロポリスは必ずあります。しかし、日本のようにハチミツを採るために必要となる花が少ない国においては、季節ごとにその蜜源を求め全国を移動する転地養蜂が行われます。こうした飼育下にある場合、ミツバチにとりましては、プロポリスを集める環境ではありません。当然ではありますが養蜂は、ハチミツ生産が主となり、プロポリスというのは、それに伴う副産物であるためです。そのため、わが国におけるプロポリス原料は、ほとんどが定置養蜂が行われている外国産の物となります。原料としては、中国やブラジル産のものが最も多く、オーストラリア、ニュージーランド産のものは、原料でなくて製品として輸入されています。
ヨーロッパ種ミツバチ由来のものは、プロポリスの品質にも大きな差はありません。しかし、ブラジル産のものについては、アフリカ化されたヨーロッパ種ミツバチ由来となりますのでとても特殊な原料となります。「香り・色・味」もヨーロッパ種とは異なり、どれをとっても他の物より優れているといえるでしょう。何よりもブラジル産の原料から製品化されたものは、綺麗で香りもよく飲みやすいという点から日本でも圧倒的な人気となっているのです。
しかし健康サポート関しては、一概にはどこの国の原料が良いかとは言えず、とても複雑な条件が絡み合っていることもあり、現在の科学では明確にするのが難しいと思われます。
なお、原料から製品へと加工する過程には様々な過程があります。抽出方法としては、大きく分けるとエチルアルコール、水、グリセリンによるものがあげられます。この内、古くから世界の国々で多く行われているのがエチルアルコールによる抽出となります。プロポリスは、樹木樹脂由来の物質のためアルコールによる溶解が早く適している上に、アルコールそのものにも滅菌作用があるので抽出後も変化しにくく保存も容易で安定性や安全性もとても高くなるのです。
また、水などによる抽出方法は、雑菌繁殖のリスクが避けられないばかりか添加物も必要となり、自然食品といった観念からは遠ざかってしまいます。

Q3:プロポリス製品の品質の見分け方は?

A3:巷のネットなどの情報では、具体的な方法などとして単純なテストのようなことが紹介されています。しかし実際は、そんな単純なものであるわけがなく、見分けるには熟練した感覚と経験が必須となります。この類のご質問には、本当に簡単にはお答えしにくい難しさがありますが、下記に記したようなことが言えるかと思います。
*プロポリス原料に精通した製造者であり、その人格に信頼が持てる。
*原料の基準を満たし、製品中にその濃度が保たれ、適度の抽出期間を設けている。
*どんな状況においてもその製品の作用に期待できる。
*エチルアルコール(溶解剤)の品位が高い。
*添加物が無添加。
*表示が詳細に記されている。(特に原料対溶解剤の混合比率)
これらのことを一般消費者の方々に確認するのは、とても大変なことだと思います。しかし、プロポリスだけに限ったことではないと思います。
その製品が本当に良いものならば、ホームページをはじめ、各媒体に書かれているその宣伝文などからよく分析することで、それらの製品を扱うプロとしての誠意やポリシーは見えてくるはずだと思います。そして疑問に感じることは、遠慮せずにとことん問い合わせてみる姿勢も大切です。まともな誠意のある業者ならば、必ずどのような問い合わせ内容であっても一生懸命に答えてくれるはずです。
そして、惑わされやすいのでご注意頂きたいのが【認証マーク】などを掲げてあるケースです。
これは、企業の大小は関係ありません。「××評議会」「××団体」「××委員会」やその認証マークなどを目にしたことがあるかと思います。製品に自信があるメーカーならば、こういった団体に所属し、高額な会費を払ってまでして”認証マーク” を得る必要がないと思います。このような団体の全ては、業者が提供するサンプルを受け取り、それがその団体の定める規定水準に達し、必要経費さえ支払えば即【認証マーク】が与えられるのですが・・・ その【認証マーク】がついている製品の全てが本当にサンプルと同一の品であるという保証はどこにもありません。また、このような団体の抜き打ち検査の話しも未だに聞いた事がございません。
日本におけるこうした団体については、欧米諸国のそれとは大きく異なります。業者側が利益のために作ったもので、消費者の立場にたって作ったものではないからです。だったら消費者は、何を頼りに製品の選択をしたら良いのでしょうか?とても厳しい現実ですが、我が国の健康食品業界の現状では、消費者ご自身が判断するしかないのです。
消費者軽視を物語っている現状として昨今、食品表示の偽装問題などをはじめ、本当に多くの問題や事件が浮上しては世間を賑わせております。しかし、どんなに謳い文句が良かろうとも、一時的にブームになろうとも良さを感じられない製品は、やがて自然消滅の道をたどります。
何度も繰り返しになってしまいますが、気になる点があるのならば、必ずその製品のメーカーへ納得の行くまで問い合わせをする姿勢が大切です。その際の応対の仕方や、説明内容、製品に対する熱意などからも十分な判断材料となりうると思います。

Q4:アルコール抽出によるプロポリス液の長所と短所を教えてください。

A4:*アルコール抽出のプロポリス液の長所
弊社の場合、専売食用アルコール95%以上を使用。前述しましたようにアルコールには滅菌作用がありますので抽出液中には、細菌類が生存できません。また、溶剤となるアルコールには、開封後も半永久的に常温保存できるという利点があります。
また、これも前述しましたが、プロポリスは樹木の樹脂から成り立っているものですので、
こういった成分を抽出する際の溶解剤としてのアルコールは、とても優れています。古くから世界の国々で行われている方法であり、全ての面で安全性も確立されているのです。*アルコール抽出プロポリス液の短所
アルコール過敏症の方については、全く問題がないとは言い切れませんが、水に稀釈してから飲用する上に、アルコール分としては、とても微量となります。こうした問題によるリスクは非常に低いと思われます。
【注意】弊社のプロポリス抽出液の場合です。
内臓のスポイドを用いて、100ccの水、一回に5~10滴を滴下。一滴の量は、0.05ccですので5滴で0.25cc,10滴で0.5cc。稀釈水100ccに対し、0.25%~0.5%のアルコール溶液となります。しかし、ここにプロポリス成分も含まれますので実際には、アルコール分はもっと少なくなります。

Q5:プロポリスをはじめてみたく思うのですがどう摂取したらよいのですか?

A5:初めてお使いになられる方は、必ず少量からスタートして下さい。弊社製品には、専用のスポイドが内蔵されております。コップ半分ほどのお湯に、スポイドで3~5滴を滴下しよくかき混ぜます。このときに白濁した表面に薄い樹脂膜ができます。これは、有用成分ですので出来る限り、一緒に飲まれることをお勧めします。どうしても気になるという方は、かき混ぜる前にティッシュペーパーなどでコヨリ状にしたものを作り、それで水面を軽く掃くようにしますと除去は、簡単にできます。
また、プロポリスの味が苦手な方などにオススメな飲用方法として、ハチミツ、ヨーグルト、レモン、コーヒーや紅茶などと混ぜ合わせることにより、とてもお召し上がりやすくなります。また、飲用の目安としては、一日あたり食後に2回ほどがオススメです。
飲用され始めてから約、1~2週間で皮膚にアレルギー症状に似た反応が現れたり、倦怠感などを感じられるということが稀にあります。このような反応が出た場合は飲用量や回数を減らすか一時的に中止して様子を見られるようにお願いいたします。あくまでも一過性のものとなりますので、心配はいりません。それが納まれば、通常時の目安の10滴の滴下でお飲みください。弊社の30ml入りの「プロポリス30」で通常1ヶ月弱ご利用できます。尚、プロポリスは、食品ですのでお薬との併用も特に問題はありません。

Q6:プロポリスの賞味期限と保存方法を知りたいです。

A6:エタノール抽出プロポリスは、賞味期限や品質保持期限はなく半永久的となります。これこそがエタノール抽出のプロポリスの優れたところでもあります。抽出液中には、細菌は生存することができませんので開封・未開封に関わらず、常温にて半永久的に保存ができるのが特徴です。
只、ご注意して頂きたいのは、必ず、密封が必要になるという点です。アルコール分が蒸散してしまう事に加えて引火の危険性もあります。品質面では、一般の食品とは逆で長時間経過したものの方が、アルコール分とプロポリス成分とが溶け合いとてもマイルドでお召し上がりやすくなります。これは、梅酒やリキュール類などと同様なとらえ方ができるでしょう。(※くれぐれもお子様の手の届かない場所へ保管し、火気にはご注意下さい)